歯ブラシホルダー 歯ブラシ 歯間ブラシスタンド 歯ブラシ立て 定番スタイル ミスト 歯ブラシスタンド 550円 歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ( 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ立て 歯ブラシスタンド ) キッチン、日用品、文具 バス、洗面所用品 洗面所用品 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー,/liberty1347616.html,printcartridge.ru,550円,歯ブラシ立て,歯ブラシスタンド,歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト,),キッチン、日用品、文具 , バス、洗面所用品 , 洗面所用品 , 歯ブラシ立て,(,歯ブラシ立て 550円 歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ( 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ立て 歯ブラシスタンド ) キッチン、日用品、文具 バス、洗面所用品 洗面所用品 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ 歯間ブラシスタンド 歯ブラシ立て 定番スタイル ミスト 歯ブラシスタンド 歯ブラシホルダー,/liberty1347616.html,printcartridge.ru,550円,歯ブラシ立て,歯ブラシスタンド,歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト,),キッチン、日用品、文具 , バス、洗面所用品 , 洗面所用品 , 歯ブラシ立て,(,歯ブラシ立て

歯ブラシホルダー 日本 歯ブラシ 歯間ブラシスタンド 歯ブラシ立て 定番スタイル ミスト 歯ブラシスタンド

歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ( 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ立て 歯ブラシスタンド )

550円

歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ( 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ立て 歯ブラシスタンド )

歯ブラシや歯間ブラシをまとめて収納できるMISTの歯ブラシスタンドです。電動歯ブラシの替えブラシや、I字剃刀なども収納できます。しかっりした安定感があり、丈夫です。省スペースで場所を取らないシンプルな形です。2つの穴が行き場の困った洗面所周りの小さな小物を整理整頓してくれます。穴内径 :(大)約直径2cm、(小)約直径0.85cm【商品詳細】 サイズ/約幅11.5×奥行4.5×高さ2.8cm 内容量/1個 材質/本体:ポリストーン カラー/ホワイト、ブラック、ピンク 生産国/中国 型番/3394、3395、3396 備考/穴内径 :(大)約直径2cm、(小)約直径0.85cm《歯ブラシ置き 洗面所 バス用品 収納 洗面用品 山崎実業 【MIST ミスト】》

商品区分:

歯ブラシホルダー 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ( 歯ブラシ立て 歯ブラシホルダー 歯ブラシ立て 歯ブラシスタンド )

新しい技術

  • 7つの原子のみの量子トランジスタ

    小分子サイズのトランジスタはすでに作られていますが、これは原子でこのような小さな原子を初めて作ったことです。 パフォーマンスは、 Nature Nanotechnologyの 記事で詳述されています。 この画像の中心には、トランジスタのように振る舞う顕微鏡下で観察される量子ドットがあります。 クレジット: UNSW Sydney 覚えておいてください。1989年、IBMの研究者はデクセノン原子を個別に操作し、そのうちの35個で会社の名前を書きました。 20年後、 量子コンピュータ技術 (CQCT)とウィスコンシン・マディソン大学の UNSWセンターの 研究者は、リンとシリコン原子を操作するためにトンネル顕微鏡と同じ技術を使用しました。 7個のリン原子を持つことで、彼らはシリコン結晶中に量子ドットを構築しました。 これはトランジスタのように振る舞い、4ナノメートルの大きさです。 一歩一歩... これは、電子デバイスがトンネル顕微鏡で構築された初めてのことであり、ナノ世界の制御において重要なステップになる可能性があります。 ここでもまた、コンピュータの小型化、高速化、省エネルギー化が可能になることが期待されています。 CQCTの研究者によると、これはまたシリコンを使ったコンピュータの実現への道を開く。 私たちはまだそこにいません。 このような量子コンピュータを実現することは、古典的なモデ

    続きを読みます »
  • 7つの原子のみの量子トランジスタ

    小分子サイズのトランジスタはすでに作られていますが、これは原子でこのような小さな原子を初めて作ったことです。 パフォーマンスは、 Nature Nanotechnologyの 記事で詳述されています。 この画像の中心には、トランジスタのように振る舞う顕微鏡下で観察される量子ドットがあります。 クレジット: UNSW Sydney 覚えておいてください。1989年、IBMの研究者はデクセノン原子を個別に操作し、そのうちの35個で会社の名前を書きました。 20年後、 量子コンピュータ技術 (CQCT)とウィスコンシン・マディソン大学の UNSWセンターの 研究者は、リンとシリコン原子を操作するためにトンネル顕微鏡と同じ技術を使用しました。 7個のリン原子を持つことで、彼らはシリコン結晶中に量子ドットを構築しました。 これはトランジスタのように振る舞い、4ナノメートルの大きさです。 一歩一歩... これは、電子デバイスがトンネル顕微鏡で構築された初めてのことであり、ナノ世界の制御において重要なステップになる可能性があります。 ここでもまた、コンピュータの小型化、高速化、省エネルギー化が可能になることが期待されています。 CQCTの研究者によると、これはまたシリコンを使ったコンピュータの実現への道を開く。 私たちはまだそこにいません。 このような量子コンピュータを実現することは、古典的なモデ

    続きを読みます »